Q&A(よくある質問)

Q:  海外向けにリスティング広告を利用するメリットを教えて下さい

海外向けにリスティング広告を利用するメリットとしましては・・・

・全世界に対してプロモーションができる
・広告の反応率からどの地域、どの国に市場があるのか見極めが可能
・御社の商品やサービスに興味を持つ海外ユーザーだけをサイトへ誘導することが可能
・広告がクリックされて初めて料金が発生するので、費用対効果が明確
・他の広告と違い、自社の予算に応じて広告掲載費を任意に設定できる

などがございます。

海外Google (リスティング広告・イメージ広告)

Q:  リスティング広告を利用するデメリットを教えてください

デメリットとしましては、 ターゲットユーザーの属性、広告掲載エリア、日々の広告費用など 細かな設定が出来る分、「広告の作成やチューニング、入札単価の調 整など運営管理に多くの時間がかかる」が挙げられます。

海外Google (リスティング広告・イメージ広告)

Q:  サイト以外の翻訳を依頼する事は可能ですか?

サイトの翻訳以外にも海外のお客様からの問合わせメールや メールマガジンの翻訳、Facebookページ、ブログやツイッターの翻訳などを 最小文字数の1文字からお受けしております。お気軽にご相談下さい。

WEBサイト翻訳(英語・中国語・フランス語)

Q:  サイトは何語で作るのが良いですか?

商品を販売(プロモーション)する地域や国が特定しているのであれば、 その場所で使われている言語でサイトを作るのが最も効果的です。
ただし、地域や国を特定しない場合や 海外へ向けてネット通販をしながら、アクセス状況や販売データを基に ターゲットとなる国を絞り込んでいくのであればやはり英語を第一言語にするのが良いでしょう。 理由は3つあります。

一つは英語を理解できる国の数と人口の多さです。 英語は60カ国以上が公用語(公用語第1位)と使用しており、 母国語、第二言語あわせると8億人以上が 英語を理解することができると言われています。 また、インターネットの世界で使用されている言語ランキングでも 英語は1位で世界の70%以上のサイトが英語で作られていると言われています。

二つ目は、インターネットならではの利点ですが、 自動翻訳サイトを利用すれば英語を他の多くの言語にスムーズに翻訳が出来ることです。 英語はフランス語やイタリア語と文法が似ており、フランス語しか分からない人でも 翻訳サイトを利用すれば翻訳精度が高い翻訳でサイトの内容を理解する事ができます。

三つ目は翻訳にかかる費用が他の言語と比べて安いと言う事です。 海外向けにネット通販サイトを運営すると言うことは、継続して 新しい商品情報の掲載や既存情報の修正が必要となります。 自社のスタッフの方が翻訳するのであれば問題ありませんが、 翻訳を外注にお願いする場合は費用はなるべく抑えたいものです。 日本には日本語⇔英語の翻訳者が圧倒的に多く、そのお陰で英語の 翻訳費用も比較的利用しやすい価格になっています。 ※フランス語やドイツ語となると翻訳できる人口が少なくなりますので 当然翻訳費用も英語と比べると高くなる傾向にあります。

●英語のメリット
・様々な大陸、地域、国で使用されている
・自動翻訳サイトで他の多くの言語にスムーズに翻訳できる
・翻訳費用がリーズナブル

WEB翻訳(英語・中国語・フランス語)

海外向けプロモーションの各サービスに関するお問合わせ
※こちらから営業等は行いませんので安心してご連絡ください